誤植

誤植のようで誤植でない

毎日読んでいるインターネットのニュース。

新聞とってなくてもある程度は読めるし、

読まなくてもいいニュースまで読めるし、便利です。

でも、インターネットのニュースって誤植がひどいですよね。

誤変換も多いけど、「あとでサシカエ」って原稿がそのまま載ってたりするのは若干ゾッとします(笑) 

インターネットのやつは印刷の媒体と違って、気づいたときにスグに直せるからいいんだけど、(だからきっと校正も甘くなるんだと思うけど)、「オリコンニュース」とかの誤植がしょっちゅうで文章もなんかチョット…なのはともかく、ロイターとかでも誤植多いですよね。

…といいつつ、誤植って、出ちゃうんですよね。出る時は出る。

すんごくチェックしても出る。そして、けっこうな確率で卑猥になる!!

ちょっと前だけど、強烈だったのは、これ。

Hamichitu1 Hachimitu2

はみちつ!!!

ありえない(笑) でも、ありえる(笑)

「おはなし」を「おなはし」とやってしまった私としては、若干共感できる部分も…あるようなないような。

誤植には気をつけましょう。

というおなはしでした。

【余談】先日買ったサプリメントの裏にこんな文章を見つけました。アサヒフードアンドヘルスケアの「ディアナチュラ」、バイタルパワービタミンの裏です。

「ビタミンB1は、炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を…」

というもの。

最初「産生」が「生産」の間違いなのかなと思いましたが、これは誤植ではなく、産生という言葉がちゃんとあるそうなので誤植ではありません!知らなかった~。

誤記ブリぞろぞろ―校正の常識・非常識 誤記ブリぞろぞろ―校正の常識・非常識

著者:野村 保惠
販売元:日本エディタースクール出版部

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)