« 誤植のようで誤植でない | トップページ | 五色のお不動さん »

お便所の守護神♪ うすさま明王

調べ物をしていたら(仏像のことを調べていた)、ちょっと変わったのに出会いました。

その名も!

うすさま明王♪

…かわいい(笑)

でも漢字だと『烏枢沙摩明王』と書きます。かっちょいいです。

さて。 仏像にはいくつかのグループがあって、大きくわけると

◆如来系(だいたい奈良の大仏みたいなどっしり系)

◆菩薩系(だいたい中性的系。服も飾りがいっぱい系)

◆明王系(だいたい髪が逆立ってたりする。手や足もいっぱい系)

◆天部系(○○天ってつくやつ、吉祥天とかの。でも阿吽の金剛力士もこれ)

というのにわかれています。

【!】相当おおざっぱな説明なので本当は↓こういうのに詳しくかいてあるの読んでください

 エソテリカ事典   1 仏尊の事典 エソテリカ事典   1 仏尊の事典
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

この、『烏枢沙摩明王』は、名前にも入ってるとおり、「明王」の仲間です。

不動明王とか、愛染明王とかの仲間ですね。

サンテラは上の4つのグループの中でも、明王系が一番大好きなんですが(形がかっこいいから)、その中でもウスサマ。便所の守護神らしい。たまりませんな! うすさま!

いろいろ調べていると、

・古代インド神話時代は炎の神さまで → 仏教に取り入れられてからも「火で不浄を清める」みたいな性格がうけつがれた → さて昔から、不浄といえばお便所さん → お便所の守護神 ということになったようです。説明が適当だけど、つまり、もともとお便所の神さまってわけじゃなくて、性格上お便所の守護神として祭られるようになった、ということですね。転じて…だかなんだかわかんないけど「将来下の世話にならない」と言われることもあるようです。確かにできたら下の世話にはなりたくないです。お願いしたいです。

あともうひとつ。おなかの中にいる女児を男児に変える力がある!とされて、なんとしても男がほしかった武将とか? そういう人も祈願をしたそうです。男の子が欲しいわけではないけれど、すごいよ、そんな功徳は聞いたことがなかったよ、ウスサマさま。

まあ、いろいろ頼もしいというか、これはぜひ見に行ってみたーい。ということで仏像があるところを探すものの、残念ながらあんまりない。 でも「目黒にある安養院ってところでお札を配っているよ」的な情報をゲットしました。HPを見ると普通すぎる寝かたの寝釈迦もいるし、これは行くしかないでしょう。

http://www7.plala.or.jp/anyoin/index.html

とりあえず、行ってきます! 明日にでも!!

ちなみに同じ明王系で、大威徳明王という種類もあります。

だいたい牛に乗っていて、奈良の東寺なんかが有名ですが、

おすすめは京都の醍醐寺の大威徳明王です。

↓これ。牛がかわいすぎる。

Daiitoku3

|

« 誤植のようで誤植でない | トップページ | 五色のお不動さん »

仏像・お寺めぐり・神社めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045757/22139811

この記事へのトラックバック一覧です: お便所の守護神♪ うすさま明王:

« 誤植のようで誤植でない | トップページ | 五色のお不動さん »